2人に似合う指輪を作る

リング

指輪作りで気をつけること

結婚指輪は、一生肌身離さず身に着けるものですから、納得のいく気に入ったものを選びたいものです。ジュエリーショップで、既製品を購入することもできますが、2人で手作りすることも可能です。手作りの結婚指輪は、オリジナルのデザインの指輪が欲しい方や、2人の想いのこもった、世界に1つだけの指輪が欲しい方におすすめです。自分で考えた指輪にしたいとなると、いろいろとこだわりが出てきて、既製品を購入するよりも時間がかかります。そのため、手作りにしようと思う方は、遅くても結婚式の1か月前までに指輪が完成するよう、時間配分に気をつけましょう。結婚指輪で人気のある素材はプラチナです。上品な光沢があり、傷がつきにくいので、一生身に着ける結婚指輪に最適の素材です。凝った模様を施したい方は、プラチナよりも柔らかい素材の、ゴールドやシルバーゴールド、ピンクゴールドがおすすめです。中でも、肌の色に近いピンクゴールドは、女性に人気が高く、カジュアルで、おしゃれなファッションにこだわりたい方におすすめです。既製品の結婚指輪と違い、手作りの場合は、2つの指輪の素材を変えることもできますので、男性用の指輪をプラチナで作り、女性用をピンクゴールドにするということも可能です。納得のいく結婚指輪を手作りするためには、アクセサリー職人さんに、きちんと自分の要望を伝えることが大切です。そのため、信頼できるアクセサリー店を探し、コミュニケーションを取りやすい方に依頼するようにしましょう。作りたい指輪に似た写真を撮って、前もってデータを見せておくと、思い通りの指輪が完成しやすくなります。