指輪を作る際の注意点

カップル

指輪作りで失敗しないコツ

結婚指輪を自分らしいデザインにしたいと、指輪を手作りする人が増えています。指輪を手作りすると、世界に1つだけの物を作ることができますし、自分たちの思いが詰まった特別感のある指輪になります。自分自身で自分好みの指輪を作る方や、お互いに相手の指輪を作ってプレゼントする方もいます。指輪を手作りすると、2人の好きな模様や共通の趣味の絵柄など、さまざまなデザインを施すことができます。中には、婚約指輪を手作りして婚約指輪と一緒に身につけられるような、セットリングにしたい方もいます。指輪を2つ重ねることで華やかな印象になりますが、デザインがまったく違っていて、婚約指輪が派手で、結婚指輪がシンプル過ぎる場合などは、ちぐはぐな印象になりがちです。セットリングにする際には、両方に同じダイヤモンドを用いたり、婚約指輪に大きめのダイヤモンドがついている場合は、それに合わせて結婚指輪もデザイン性のあるものにするなどの工夫が必要です。あえて、婚約指輪と結婚指輪の素材を、ゴールドとプラチナにするなどして変えてみても、豪華な雰囲気になっておすすめです。結婚指輪を手作りする際に、デザインはもちろん重要ですが、年齢を重ねるごとに、指に合わなくなってしまったり、派手過ぎる印象に感じる場合もありますので、未来の自分に合うかどうかも考えながら、作成ことが大切です。また、大きな飾りがついていたり、指輪が細すぎたりすると、日常的に使いづらくて、身に着けるのがおっくうになってしまいがちです。使い心地がよいか、普段使いに適しているかどうかも考慮しながら、デザインを考えましょう。